スポンサーリンク

アラカルトとは何語?|居酒屋でも使う意味はいろいろ?

スポンサーリンク

「バレンタインデーには、海外のアラカルトチョコがいいかな」などと考えている人も多いのではないでしょうか?

 

そもそもこの「アラカルト」の意味とは何でしょうか?

アラカルトの意味をわかりやすく紹介します。

アラカルトとは何語?意味をわかりやすく紹介

元々はフランス語で「アラカルテ(a la carte)」で、意味は「メニューに従って」という意味です。

あらかじめ献立が決まっているコース料理に対して、メニューの中からお客が好みによって一品ずつ注文する料理、またはそうした食事方法を指します。

 

その後、スペイン語「アラカルタ」になり、英語「アラカルト」に、そして日本へと渡ってきました。

日本語としては、「一品料理、お好み料理」の意味です。

 

さらに日本ではここから転じて、チョコレートや小説などの短編集や豆知識をまとめたニュース記事などについて、「いろいろな、様々な」の意味合いで「アラカルト」を使うことがあります。

居酒屋で使うアラカルトはいろいろという意味?

例えば、居酒屋店内の張り紙に「飲み放題はアラカルト注文の場合のみ」とあった場合は、「いろいろ」ではなく「単品メニュー」「一品料理、お好み料理」ということです。

くれぐれも気をつけてくださいね。

 

いかがでしたか?

言葉は、その元の意味や派生した意味を知り、注意しながら使っていかなければいけないということですね。