スポンサーリンク

煽るとは|意味と使い方を例文で解説!ネットでの使い方も

スポンサーリンク

ニュースやネット上でもよく耳にする煽るという言葉。

車の煽り運転による事故のニュースなどで、マイナスなイメージがあるかもしれません。

 

煽るという言葉の意味を、ネットでの使い方も併せてわかりやすく解説します。

煽るとは?意味をわかりやすく解説

「煽る(あおる)」の漢字を見ると「火」に「扇」と書きます。

扇であおいで火の勢いを強める場面から「(うちわなどで)風を起こす」という意味になります。

 

そこから、「相手を刺激して、あることをするように仕向ける」という意味として使われることが一般的です。

さらに言うと「物事に勢いをつけ、最終的に別の状況になることを狙うこと」を表し、ほぼ悪い行為に使用されます。

煽るの使い方の例文!ネットでの使い方も紹介

  • あの掲示板、よく煽られるから書き込むのもうやめようかな。
  • 視聴回数を増やすため、わざと視聴者を煽るような動画をアップしている人がいる。

 

ネット上では、相手を誹謗中傷して兆発し、からかうことを指します。

「叩き」と似ていますが、直接批判したり強く攻撃する「叩き」とは違い、「煽り」は間接的に相手を不快な思いにさせる兆候があります。