スポンサーリンク

ワンチャンとは何?意味・語源!使い方の例文を紹介!

スポンサーリンク

「ワンチャン」はYouTuberが多く使っており、よく聞くことも多いのではないでしょうか?

 

「ワンチャン」の意味と語源、使い方の例文を紹介します。

ワンチャンとは何?語源と意味を分かりやすく紹介

「ワンチャン」は「one chance」の略語で、もともとは麻雀で使われている言葉です。

4枚の牌のうち3枚が場に出ている状態の時に、残り1枚の牌に賭けることを「ワンチャンス」と言い、この麻雀用語が「ワンチャン」の語源と言われています。

 

現在、「ワンチャン」には以下の意味があります。

  • 可能性は低いけれどゼロではない
  • (期待を込めて)もしかしたら〜あるかもしれない

ワンチャンの使い方の例文

  • 今日のテストやばかったけどワンチャンある!
  • (サッカー日本代表戦の話題で)ブラジル戦だけど日本ワンチャンあるでしょ!

 

いかがでしたか?

可能性があるという意味で使われることが多い「ワンチャン」ですが、最近ではおまじないとして「ワンチャンお願いします」などと使う方もいるそうです。

 

スラングはなかなか変化が激しいですね。