スポンサーリンク

chromeとは英語?意味と色を紹介!

スポンサーリンク

「chrome」といえば、検索エンジンの「Google Chrome」がありますが、そもそも「chrome」とは、どこの国の言葉なのでしょうか。

 

「chrome」の意味と、色の用語で使われる場合の「chrome」をご紹介します。

chromeとは英語?意味と色を紹介!

「chrome」とは、英語で「クローム」と発音します。

「chrome」の本来の意味には、主に“クロムメッキ”という意味があります。

 

他にも、webブラウザでのメニューやツールバーなど、“インターフェイス”を示す言葉としても使われています。

 

「Google Chrome」が開発される際に、特にインターフェイスに力を入れていたことから「Chrome」と名付けられたと言われています。

また、「Iron」というブラウザは、“鉄”という意味の「Iron」の名が付けられています。

これは「Chrome」の本来の意味である“クロムメッキ”から、余分な部分を削ぎ落とした快適なブラウザという意味で名付けられたと言われています。

 

次に、色の用語として使われる「chrome」についてです。

本来の意味の“クロームメッキ”という意味で使われており、鏡のようなギラギラとした金属のような艶感のある色味を指します。

主に車や車部品の塗装だったり、雑貨の色味に使われる言葉です。

 

日常的に使われるブラウザの「Google Chrome」など、名前の由来を調べると開発者達の思いが伝わってきますね。