スポンサーリンク

ain’tとはスラング英語?|意味と発音!使い方の例文を紹介

スポンサーリンク

“ain’t”は、洋画のセリフや洋楽の歌詞などに使われています。

やや砕けた感じですが、勢いよく感情がそのまま出ているようです。

 

この“ain’t”の意味や使い方を例文で紹介します。

ain’tとはスラング英語?意味と発音!

“ain’t”は、もともと農家やカウボーイなど地方の方言で18世紀ごろから使われていたそうです。

「田舎臭い、粗野な、粗暴な」印象があり「無教育者の語」とされていましたが、現在ではスラング英語として使われています。

 

“ain’t”は省略表現で

  • am not
  • is not
  • are not
  • have not
  • has not

を短縮したものです。

 

意味は

  • 「〜でない」→「〜だぜ」
  • 「〜しなかった」→「〜じゃねえ」

となります。

 

発音は、[エィントゥ(英国訛り):イントゥ(米国訛り)]です。

初めの音「ei」を強く発音し、「n」は舌先を前歯のすぐ裏の歯茎につけて息が口から出るのを止め「ン」と鼻から出し、「t」は舌を歯茎につけたまま息を止めた状態から急に「トゥ」と破裂させるように発音します。

ain’tの使い方の例文を紹介

  • He ain’t like that.(あいつはそんな奴じゃねえ。)
  • I ain’t had nothing.(何も食ってこなかった。)
  • This  ain’t the kinda job I was looking for!(これはおいらが求めていた仕事なんかじゃねえ!)

 

いかがでしたか?

いつの時代も若者のざっくばらんな、少し威勢の良い言葉づかいはありますね。

 

ですが、フォーマルな場面やビジネスシーンでは使えません。

「TPO」をわきまえて使うことが大切です。