スポンサーリンク

オラクルとは英語?意味を紹介!パソコン・データベース

スポンサーリンク

「オラクル」とはパソコン関係の仕事などで日常的に使っている人には耳慣れている言葉だと思いますが、よく知らない人も多いでしょう。

 

パソコンや・データベースでの意味を紹介します。

オラクルとは英語?意味を分かりやすく解説

「オラクル(oracle)」は英語で「神託・託宣・神のお告げ」という意味です。

 

その他「(エルサレム神殿内の)至聖所」「神官・巫女」「哲人・賢人・権威者・啓蒙書」などの意味も。

なにか素晴らしいものが天から降りてきたような印象がありますね。

パソコン・データベースでのオラクルの意味

「オラクル(Oracle)」とは、主にデータベースソフトウエアの開発や提供をしている米国の大手ソフトウェア企業の名称。

また、同社が販売しているリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)である「オラクルデータベース」の通称。

 

「オラクルデータベース」は、常に信頼されるデータベースとして好評を博し、世界的に高いシェアを占めています。

 

それはこのデータベースが、オラクルのクラウドはもちろん他社のクラウドでも動作し、また、Linux、Windows、UNIXなどほとんどのOSにも対応し、ユーザーに最大限の選択肢を提供できるからです。

 

いかがでしたか?

この開発によって世界中のパソコン処理が瞬時にできるようになったのですね。

 

まさに天からの贈り物なのでしょうか?