スポンサーリンク

アークとは何|意味をわかりやすく紹介!神・聖櫃での意味

スポンサーリンク

「アーク」という言葉を耳にしたことはありますか?

ある年代以降の人にはあまり馴染みがない言葉かもしれません。

 

「アーク」の意味をわかりやすく紹介していきます。

アークとは何か|意味をわかりやすく紹介

「アーク」とは、英和辞書では「arc」「ark」「irk」の3種類の単語があります。

 

意味はそれぞれ

  • arc:弧、円弧」
  • ark:ノアの箱舟、安全な避難所、大型の平底船」
  • irk:・・・をうんざりさせる、あきあきさせる」
    などの意味です。

神・聖櫃での意味

「アーク」には様々な意味がありますが、「神・聖櫃」といえば、1981年のアメリカ映画。

インディ・ジョーンズシリーズ第1作め『レイダース/失われたアーク(聖櫃)』です。

 

ルーカスとスピルバーグがタッグを組んだ作品として話題となり、世界的に大ヒットを記録したアドベンチャー映画です。

 

イスラエルの「三種の神器」は、はじめエルサレムのソロモンの神殿、至聖所の黄金の箱に入っていたそうですが、「契約の聖櫃アーク」にはある時期から「十戒の石板」だけが納められるようになったそうです。

 

日本にも三種の神器があります。