スポンサーリンク

soとは英語?意味には「だから」も!使い方の例文を紹介!

スポンサーリンク

初歩的な英語として学ぶ「so」という単語ですが、
一般的に知られている意味の他にも、様々な意味で使われています。

 

「so」の意味と使い方の例文を紹介します。

soとは英語?意味には「だから」も!

「so」とは、英語で「ソウ」と発音します。

続いて「so」の意味についてですが、「so」という単語は副詞と接続詞の2つの意味があります。

 

さらに、副詞の「so」の中でも2つの意味があります。

 

1つ目は一般的に知られている使い方で

  • とても良いという意味の「so good」
  • 本当にありがとうという意味の「thank you so much」

“とても”という強調の意味です。

 

副詞の「so」の2つ目の意味は

  • そう思いますという意味で「I think so」など、

“そう”や“そのように”という意味です。

 

次に、接続詞の「so」の意味についてです。

 

接続詞で使われる場合には“だから”や“そのため”など、文章の最後、結論の前置きとして使われます。

soの使い方の例文

  • The soccer game I watched yesterday was so excited!(昨日観戦したサッカーの試合はとても興奮したわ。)
  • Please say so if you want to say goodbye to me.(私と別れたいのならそう言って。)
  • This park has a lot of lawns, so I come for dog walks every day.(この公園は芝生が多い、だから毎日犬の散歩に来ます。)

 

同じく“とても”という意味の単語に「very」がありますが、「so」と「very」の違いは、主観か客観かの違いです。

「so」が主観的なのに対し「very」が客観的な場合に使われます。