スポンサーリンク

アドバンテージとは|意味と使い方を例文で解説!対義語は?

スポンサーリンク

スポーツ観戦しているとよく耳にする「アドバンテージ」という言葉。

 

アドバンテージという言葉の意味と使い方を、対義語を含め解説します。

アドバンテージとは?意味をわかりやすく解説

「アドバンテージ(advantage)」とは「前進」「先行」という意味が語源。

「相手より先行している」という様に使用されることから、現在では「有利」という意味になっています。

 

スポーツのシーンでは、相手より有利なゲーム展開の時に使用。

ビジネスシーンでは、利益や得という意味で使用されます。

アドバンテージの対義語

「アドバンテージ(有利)」の対義語は「ディスアドバンテージ(不利益、不利)」です。

アドバンテージの使い方の例文

  • 審判がアドバンテージをとり、試合が続行された。(サッカーなどで反則が発生した時、反則されたチームの方が有利に試合展開すると審判が判断し、試合を止めないこと)
  • サービスエースで得たアドバンテージを死守しよう。(テニスなどでデュースの後1点リードすること)

 

アドバンテージは、実は様々なスポーツで同じような意味合いで使用されます。

覚えておくとより状況が把握でき、楽しく観戦できることでしょう。