スポンサーリンク

シニカルとは|意味と使い方を例文で!類義語と対義語を紹介

スポンサーリンク

シニカルな笑いという言葉を一度は耳にしたことはないでしょうか。

 

感じが悪い雰囲気の言葉ですが、使い方を類義語や対義語も含めて解説していきます。

シニカルとは?意味をわかりやすく解説

「シニカル(cynical)」とは、「皮肉な態度をとる様子。ひねくれた様子」という意味。

冷笑や嘲笑といった、人をあざ笑うさまを表しています。

 

語源はギリシャ語の「シニック(cynic)」という言葉。

シニックは、「世の中に対し諦めた態度をとっていて、犬のような無欲な生活を送る者」を指し、「皮肉家」と表されました。

 

そこから、物事に対して毒づき、小馬鹿にするさまをシニカルと表現するようになりました。

シニカルの類義語と対義語

シニカルの類義語は「アイロニカル(ironical)」など。

アイロニカルも「皮肉」という意味ですが、シニカルとは違い、毒や悪意はない皮肉の言い方をします。

 

例えば「消防士の家が火事になって皮肉だね」というように、「起こってはいけない事や人に対して実際に起きてしまった事実」にアイロニカルは使われます。

シニカルの対義語は「ユーモラス(humorous)」など。

おもしろく、寛大なさまを表します。

シニカルの使い方の例文

  • シニカルな態度をとられて、非常に嫌な思いをした。
  • 知らぬ間にシニカルな発言をしてしまうことがあり、嫌われることが多い。

 

シニカルという言葉は、良い意味や捉え方はない方が多いので、気をつけて使用しましょう。