スポンサーリンク

コードブルーとは何語?病院・医療で使う意味!なぜブルーか由来を紹介

スポンサーリンク

「コードブルー」といえば、山下智久主演のドクターヘリのTVドラマを思い出す人も多いのではないでしょうか?

 

「コードブルー」の意味を、由来とともにわかりやすく紹介します。

コードブルーとは何語?病院・医療で使う意味

「コードブルー」とは、患者の容態急変など緊急事態が発生した場合に用いられる緊急コードです。

救命救急のため、病院内のすべての医師や看護師を招集する際に使われる「隠語」です。

日本で使われる隠語なため、日本語です。

 

もちろん、他の患者や一般の人が混乱しないように配慮されているからです。

したがって、ドラマのように「院外からのドクターヘリ要請」のことではありません。

コードブルーはなぜブルー化由来を紹介

院内での緊急コールは、様々な色で使い分けされているようです。

例えば、施設内で火災が発生した場合は「コードレッド」、脳死ドナーが現れた場合には「コードゴールド」などです。

 

では、なぜ「コードブルー」はブルーなのかの由来は諸説あるのですが、「青色には、気持ちを落ち着かせ集中力を高める効果があるから」が一番ふさわしいのではないでしょうか。

 

いかがでしたか?

 

ドラマの影響は大きいものがありますが、言葉の意味を間違ってとらえると恥ずかしい思いをします。

気になる言葉があれば、その度に意味を確認していくことが大事なのかもしれませんね。