スポンサーリンク

ヤーマンとは英語?レゲエ・沖縄方言の意味を紹介!

スポンサーリンク

レゲエを聞く方なら「ヤーマン」を聞いたことがあるかもしれませんが、どのような意味があるのでしょうか。

「ヤーマン」の意味を紹介します。

ヤーマンとは英語?レゲエでの意味を紹介

レゲエ音楽で使われる「ヤーマン」は「Yahman」と表記するパトワ語です。

英語ではありません。

 

パトワ語は正式にはジャマイカ・クレオール語という名称で、ジャマイカの一部の地域で使用されている言語です。

日本ではパトワ語=レゲエ用語と認識されています。

 

「ヤーマン」を日本語訳すると以下のような意味があります。

  • やあ!
  • 元気?
  • いいよ!

英語で言う”Hi!”や”What’s up?”に近い意味があり、パトワ語の会話の中でもよく聞く言葉だそうです。

レゲエ音楽の中でも掛け声的によく登場しますね。

沖縄方言のヤーマンの意味

沖縄で「ヤーマン」は「ヤマン」に近い発音で「痛くない」という意味で使われています。

ちなみに「痛い」は「ヤムン」です。

 

同じ響きを持つ言葉でも、国によって全く違う意味になるのですね。