スポンサーリンク

ゲシュタルト崩壊とは|意味をわかりやすく!使い方の例文

スポンサーリンク

SNSなどで話題になることも多い「ゲシュタルト崩壊」という現象。

難しいようなイメージですが、一体どのような現象のことを表すのでしょうか。

 

ゲシュタルト崩壊の意味をわかりやすく解説します。

ゲシュタルト崩壊とは|意味をわかりやすく解説

「ゲシュタルト崩壊」とは、目の錯覚のような変わった現象の一つのこと。

「ゲシュタルト(Gestalt)」とは、ドイツ語で、「形態」「全体」といった意味。

同じ漢字を長い間じっと見続けると、その漢字の形としてのまとまりを見失うことがあります。

 

「漢字が意味のない線に見えて、こんな形だったっけ?」と、どのような漢字か一瞬認識できなくなったりします。

この現象のことを「ゲシュタルト崩壊」といい、「全体的にまとまりのあったものの認識が、バラバラに崩壊する」ということを示します。

 

ゲシュタルト崩壊は、疲労などが原因で漢字を認識できなくなるということではありません。

持続的に見続けることによる機能の低下が起きるため、このような現象が起きると考えられています。

ゲシュタルト崩壊の使い方の例文

  • 目の錯覚が起きて、疲れかと思ったらゲシュタルト崩壊だ。
  • テレビでゲシュタルト崩壊の特集をしていて、画面いっぱいに同じ漢字で埋め尽くされた。

 

不思議な現象なので、話のタネに一度試してみるのもおもしろいかもしれませんね。