スポンサーリンク

慟哭とは|意味と使い方を例文で解説!類義語と読み方

スポンサーリンク

慟哭という言葉を見て、難しい印象を感じてしまう人も多いのではないでしょうか。

意味より先に、まず読み方からみていきましょう。

 

慟哭という言葉の意味と類義語をわかりやすく解説します。

慟哭とは|読み方と意味をわかりやすく解説

「慟哭(どうこく)」とは、「あまりの悲しさに声をあげて激しく泣くこと」

近親の人が亡くなった時など、人目を気にせず泣き叫んでいる状況で使用される言葉です。

 

慟哭の漢字には「身を動かしながら声を出して嘆き悲しむ」という意味があります。

よって、悲しい時、辛い時に声を出して大声で泣く場合に限って使用される言葉なのです。

慟哭の類義語

慟哭の類義語は「号泣(ただし、嬉しい時も含まれる)」「泣きわめく」「涙腺崩壊」など。

慟哭の使い方の例文

  • 我が子を亡くした彼女の慟哭に、胸が張り裂けそうになった。
  • 彼と別れることになり、一人部屋の中で慟哭した。

 

人生山あり谷ありですが、慟哭するような出来事が起こらないように祈るばかりです。