スポンサーリンク

はんなりとは京都弁?意味は誤り?使い方を例文で紹介!

スポンサーリンク

はんなりという言葉を聞くと、京都の舞妓さんや京美人を思い浮かべませんか。

京都の人や町並みにとても似合うはんなりという言葉。

 

現在では違う意味で捉えられていることもありますが、実際の意味と合わせてわかりやすく解説します。

現在、はんなりの使い方は誤り?

現在、「はんなり」の意味を多くの人に問いかけると、「ふんわり」「ほのかな」「かすかな」といった意味を答える人が多いのです。

これは、はんなりの言葉の響きが柔らかいため。

 

はんなりを色に例えると、淡いパステルカラーと直感的に感じる人も多いですが、実際には全く逆になります。

はんなりは京都弁?意味をわかりやすく解説

「はんなり」は京都弁で、「華やかで、上品さ、気品さを兼ね備えているさま」を表します。

色に例えると、ぱっと明るく少しヴィヴィッドカラーよりです。

 

はんなりの元になった言葉はいくつかの説がありますが、「華あり(はなあり)」が「はんなり」に変化したという説が有力です。

「華」は「はなやか・あでやか」という意味を持つので、はんなりの語源として考えてよいでしょう。

はんなりの使い方の例文

  • 京都ですれ違った女の子がはんなりとしていて可愛らしかった。
  • 京都出身の彼女は、はんなりとした話し方でいつも気品が漂っている。

 

はんなりという言葉は、京都の人にとってはとても素敵な褒め言葉でしょう。