スポンサーリンク

嗜好とは|意味と使い方を例文で紹介!類似語は?

スポンサーリンク

好みを表す「嗜好」という言葉。

 

嗜好の意味や類義語を例文と共にわかりやすく解説します。

嗜好とは|意味をわかりやすく解説

「嗜好(しこう)」とは「あるものを特に好むこと」という意味。

「嗜(たしなみ)」と「好」も両方とも「好み」という意味で、組み合わせて嗜好も「好み」ということになります。

 

飲食物、洋服、音楽など、様々な物事への好みを表す際に使用できます。

嗜好の類似語

嗜好の類似語には「趣味」や「趣向」があります。

嗜好が無意識に欲してしまうのに対し、「趣味」は楽しむために計画を立てたり、その物事にあえて時間を割いたりします。

 

また、嗜好が常に好んで親しむことに対し、「趣向」は面白味がでるように工夫したり目的に向かうことを表すことになり、意味が異なります。

嗜好の使い方の例文

  • 大人になって嗜好が変わり、トマトが大好きになった。
  • お酒のような嗜好品は、生活を豊かにしてくれるものなのでやめられない。

 

多くの嗜好品は、栄養素はほとんどなく、あくまで楽しむため・ストレス解消やリラックス効果を得たい時のために摂取します。

体に害をもたらすものもあるため、嗜好品の摂りすぎには注意しましょう。