スポンサーリンク

ほっこりとは|意味は間違い?使い方の例文を紹介

スポンサーリンク

癒しのイメージが強い「ほっこり」という言葉。

本来の意味は一味違ったものでした。

 

ほっこりの本来の意味と、例文をわかりやすく紹介します。

ほっこりの意味は間違われている?

「ほっこり」を、「ほかほかとあたたかい」「癒される」という意味で大半の人は使用しているのではないでしょうか。

 

実際に温かい食べ物などを指してほっこりと使用する時もあれば、気持ちが温かくなる様子をほっこりと表現する場合もあります。

しかし、語源を辿るとほっこりの意味は異なってくるので注意が必要です。

ほっこりとは|意味をわかりやすく紹介

「ほっこり」は、元は京弁で、本来の意味は「適度に疲れているが安堵している様子」を表しています。

物を焼くという意味の「ほこる」から、体を動かして温かくなるという意味で「ほっこり」となりました。

 

忙しいことから解放されて、一息ついて安堵する状態の時に使用します。

ほっこりの使い方の例文

  • やっと仕事が終わってほっこりした。ゆっくり休もう。
  • 外を歩きすぎてほっこりしたので、カフェに入って落ち着こう。

 

また、ほっこりは、元々の「ほっと一息つく」という意味の「ほっ」という語感が癒しをイメージすることから、癒しの意味合いで使われるようになりました。