スポンサーリンク

啓発とは何か|意味を簡単に分かりやすく!類義語と使い方の例文

スポンサーリンク

書籍のジャンルにもある「啓発」の意味について、分かりやすくご説明していきます。

啓発とは何か|意味を簡単に分かりやすく!

啓発(けいはつ)には「人が知らない事を教え示す」、「既にある知識をより深い認識や理解に導く」といった意味があります。

また、「啓発」を使った言葉に以下のようなものがあります。

自己啓発

自分自身の知識や能力を高めることで、

“自己啓発本”や“自己啓発セミナー”などが有名です。

相互啓発

自己啓発とは反対に、複数人で集まりお互いに高めあうことをいいます。

自己啓発と比べて、お互いに持つ知識を共有できるなどのメリットがあります。

啓発の類義語

  • 教育
  • 感化

 

「啓発」の類義語には、新たな知識を教える「教育」や何かから影響を受けて、考え方が変わる「感化」という言葉が挙げられます。

啓発の使い方の例文

  • 週末は自己啓発セミナーに参加します。
  • アドラー心理学の本を読んで、とても啓発されました。

 

以上、「啓発」についてご紹介しました。

ビジネスシーンでも使われますので、ぜひ覚えておきましょう!