スポンサーリンク

暁とはいつ?意味と反対語!使い方の例文も紹介!

スポンサーリンク

本や楽曲のタイトルや、選挙演説でもよく耳にする「暁」という言葉ですが、具体的にどういった意味の言葉なのでしょうか。

 

「暁」の意味と反対語、使い方の例文を紹介します。

暁とはいつ?意味をわかりやすく紹介!

「暁」とは、「あかつき」と読み、2つの意味があります。

 

1つ目は、“明け方”という時刻を表す意味です。

 

気象庁では具体的に、午前3時頃〜午前6時頃までの時間を指します。

太陽が昇る前の、星が見える程の暗さが残った時間帯のことです。

 

2つ目は、“〜が起こった時”という意味があり、選挙演説でよく聞く「暁」は、この意味で使われます。

暁の反対語

「暁」の反対語には、「黄昏」が挙げられます。

「黄昏」は「たそがれ」と読み、“日没直後の薄暗くなった夕方”を表す言葉です。

暁の使い方の例文

  • 春眠暁を覚えず。
  • 私が当選した暁には、高齢者に優しい街づくりをお約束します。
  • 今回のプロジェクトが成功した暁には、みんなにお寿司をご馳走しよう。

 

「暁」は“〜が起こった時”という意味で、日常会話とビジネスシーン、どちらの場面でもよく使われています。