スポンサーリンク

authority(オーソリティ)とは英語? ビジネスでの意味と使い方の例文

スポンサーリンク

authorityは、その分野における第一人者、または専門家に対して使われる言葉として有名です。

 

では、ビジネスの世界ではどのような意味を持つのでしょうか。

authority(オーソリティ)の意味を詳しく解説します。

authority(オーソリティ)とは英語? 意味を解説!

「authority(オーソリティ)」とは、英語で「権威」や「威光」という意味。

法律による「権力」や「支配権」、職務上に与えられている「権限」や「職権」なども含まれます。

ビジネスのauthority(オーソリティ)の意味

ビジネスにおいては、authorityは「特定の分野で信頼性を評価されている専門性の高いサイト」ということを表します。

 

Webサイトの運営をしている企業は、そのWebサイトが検索結果でより上位に表示されるようするため色々と対策を練ります。

その作業の事を「SEO対策」と呼び、サイトの設計の向上やマーケティングのリサーチなどを行います。

 

SEOとは「検索エンジン最適化」を意味しています。

何かを調べる時、あるキーワードで検索するとそのキーワードが掲載されているサイトが表示されます。

 

その仕組みのことを検索エンジンといいます。

authority(オーソリティ)の使い方の例文

  • Wikipedia is “authority site”.(Wikipediaは「オーソリティサイト」です。)
  • The representative EC site at “authority site” is Amazon and Rakuten.(「オーソリティサイト」で代表的なECサイトはAmazonや楽天です。)

 

authorityなサイトは多くの人に信頼されているサイトということなので、Webサイトを運営するにあたり大きな指標となるでしょう。