スポンサーリンク

たまゆらとは何? 意味と使い方を例文で!類義語・対義語

スポンサーリンク

朝の連続テレビ小説や、アニメのタイトルとして使用されることもある、たまゆらという言葉。

可愛いイメージですが、どのような意味を持つのでしょうか。

 

たまゆらという言葉の意味を、類義語・対義語とともに解説します。

たまゆらとは何?意味をわかりやすく解説

「たまゆら(玉響)」とは、「ほんのしばらくの間、一瞬、かすか」を表す古語。

意味は、勾玉(まがたま:C字形に曲がった玉)同士が触れ合って、ほんのかすかに音を立てる状態からきています。

 

また、写真を撮った時、たまにぼわっと幻想的な丸い光が写りこむことがありませんか?

たまゆらは、「写真に写りこむ小さな水のしずくのような光のたまのこと」ということを指す場合もあります。

たまゆらの類義語・対義語

たまゆらと同じ意味合いの類義語は、「儚い」「束の間」「一瞬」「瞬く間」など。

対義語は「永遠」「永久」などが挙げられます。

たまゆらの使い方の例文

  • たまゆらの間あなたを想い、胸が締めつけられた。
  • 写真に写りこんだたまゆらが綺麗で、宝物にしたい。

 

現代でも綺麗な響きが好まれて、施設名などに使用されることが多い言葉です。