スポンサーリンク

一騎当千とは|意味と使い方を例文で!類義語を紹介

スポンサーリンク

一騎当千と聞くと、どのような光景が頭に浮かぶでしょうか。

 

古来より使われている一騎当千という言葉の意味を、類義語とともにわかりやすく解説します。

一騎当千とは|意味をわかりやすく解説

「一騎当千(いっきとうせん)」とは、「人並み外れた能力を持っている」ということ。

一人の兵が千人の敵を相手にできるような、飛びぬけた強さであるということ。

 

そこから転じて、「並外れた強さを持つ人」「非常に優れた才能や技術を持っている人」に対して使用されるようになりました。

一騎当千の類義語

一騎当千の類義語は、一騎当千の元になった言葉ではないかと言われている「一人当千(いちにんとうせん)」があります。

他にも、「百戦錬磨(ひゃくせんれんま)」「万夫不当(ばんぷふとう)」「天下無双(てんかむそう)」などが挙げられます。

一騎当千の使い方を例文で紹介

  • 弱小チームに一騎当千と名高い選手が加入し、一気に強いチームになった。
  • 一騎当千の強さと有名な武将は、後世までその強さが語り継げられた。

 

最近では小説や歌詞にも使用されることがあるので、正しい意味を理解すれば、より作品の世界に入ることができます。