スポンサーリンク

俯瞰とは|読み方と意味・反対語を紹介!使い方の例文!

スポンサーリンク

「俯瞰的に」という言葉を聞きますが、「俯瞰」とは、そもそもどういった意味の言葉なのでしょうか。

 

「俯瞰」という言葉の読み方や意味、反対語や使い方の例文を紹介します。

俯瞰とは|読み方と意味をわかりやすく紹介

「俯瞰」は「ふかん」と読みます。

物理的に“高い所から見おろす”という意味と、その状態を比喩した“広い視野を持つ”という2つの意味で使われます。

俯瞰の反対語を紹介!

「俯瞰」が“高い所から見おろす”という意味なのに対し、“あおぎ見る”という意味の「仰視」という言葉が反対語として挙げられます。

ちなみに「仰視」の読み方は「ぎょうし」です。

俯瞰の使い方の例文!

  • 近くの山に登って、自分の家を俯瞰しました。
  • 東京タワーの展望台から俯瞰すると、人があんなに小さく見えます。
  • このプロジェクトは現状は好調に進んでいるが、もしもの事態に俯瞰して備えましょう。
  • 最先端ニーズを取り入れるために、過去の流行を俯瞰する必要があります。

 

「俯瞰」という言葉は難しそうなイメージがありますが、ビジネスシーンの他にも、普段の会話でも使う事ができる言葉です。