スポンサーリンク

感性とは|意味と使い方の例文!同義語と対義語は?

スポンサーリンク

様々な場面で「感性が豊か」「感性を磨く」などという言葉を耳にしたことはありませんか。

この「感性」とは具体的にどういった意味を表すのでしょうか。

 

感性の同義語や対義語を含めてわかりやすく解説します。

感性とは?意味をわかりやすく解説

「感性」とは「物事を深く心に感じ取ること。感覚的に物事を判断する力のこと。」という意味。

言葉、音、色、芸術など、様々な物事や出来事を自分の中に受け入れた際、その奥深くまで想い感じることを表します。

 

感性は人それぞれの感覚や価値観で答えはありません。

しかし、感性を豊かにしたり磨いたりするには、知識や経験を増やして心で感じ取る感覚を強めることが大事だといえるでしょう。

感性の同義語

感性の同義語は「感受性」。

感受性は、感性と同じく「物事を深く心に感じ取ること」という意味。

 

ただ、「感性」は物事を心に受け止めた後、その感じた想いを受け止めるのみならず周りに発信したりする場合もあります。

一方、「感受性」はその感じた想いを情緒的に(その景色を見て思わず涙ぐむなど)受け取るのみという意味合いになります。

感性の対義語

感性の対義語は「理性」。

理性は「道理により物事を判断すること」という意味。

 

「感性」は心の働きで「理性」は「頭脳」の働きと考えましょう。

感性の使い方の例文

  • 感性は人それぞれ。この作品に対してどのように受け取って頂いても構いません。
  • ピアノの演奏を聞いて、演奏者の感性が優れていると感じた。

 

感性は日常で使うことが多い為、使えるようになっておきましょう。