スポンサーリンク

事象とは|意味と使い方を分かりやすく!類義語を紹介

スポンサーリンク

事象という言葉は、専門的な分野でもよく使用されている言葉です。

日常で使用される機会があまり為、なんとなく難しそうな雰囲気ですが、どのような意味があるのでしょうか。

 

事象の類義語を含めて、事象の意味と使い方をわかりやすく解説します。

事象とは|意味をわかりやすく解説

「事象」とは、「何かしらの条件や環境などにより発生したこと」を意味します。

自然界で起きたことから、現実世界で起きたことに対してなど使用される範囲は幅広いです。

 

数学の分野でも使用され、その場合は「何かしらの実験・観測・試行などをくり返し行った結果に起きる事柄のこと」を表します。

例えば、”さいころを振れば1から6の目のどれかが出る”という試行の結果のことを指します。

事象の類義語

「事象」の類義語には「出来事」「イベント」(特定の場所や時間に起こること)などがあります。

「事柄(起きた物事、その詳細)」も類義語といえます。

事象の使い方の例文

  • この事象について分析し、勉強することが好きだ。
  • 誤った使用方法が原因と思われる事象が発生した。

実験の結果など、主に視覚で確認でき、限定的に起こる事柄が「事象」と表されます。