スポンサーリンク

補完とは|意味をわかりやすく解説!類義語と対義語も紹介

スポンサーリンク

「アニメ本編では語られなかった部分を補完するエピソードがここにある」

「一般の路線バスが走らない地域を補完するように順次路線が設けられている」

 

この「補完」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか?

類義語と対義語を紹介しながら解説します。

補完とは|意味をわかりやすく解説

補完は「不十分なところや足りないところを補って、完全なものにすること」

「人員を補完する」とは言わないように人には使いません。

 

正しくは「人員を補充する」ですね。

多くの場合、文章や考え方や技術面で追加するときなどに使われます。

補完の類義語

  • 補足(する)…不十分なところを補い付け加えること
  • 補充(する)…不足を補い充たすこと(人や物に使うが、言葉には使わない)
  • 補填(する)…足りない部分を補充すること        

補完の対義語

「補完」を一言で言える対義語は見つけられなかったです。

しかしながら、意味を「完全なものにできなかった」ととらえれば、否定の接頭語を付けて以下の言葉がふさわしいのではないでしょうか?

  • 不完全…欠けたところや十分でないところがあり、完全でないこと
  • 未完成…まだ完成していない様子
  • 無修正…不十分な(間違っている)ところを正しく直すことが出来ていない

 

いかがでしたか?

似たような言葉がありましたが、使い方はなかなか難しそう
ですね。