スポンサーリンク

恐縮とは|意味と使い方の例文!類義語・言い換えも紹介!

スポンサーリンク

ビジネスシーンでよく使われる「恐縮」という言葉ですが、具体的にどういった意味で使われるのでしょうか。

 

「恐縮」の意味と類義語、使い方の例文を紹介します。

恐縮とは|意味をわかりやすく紹介

「恐縮」は「きょうしゅく」と読み、本来の意味には“身も縮まるほど恐れること”という意味があります。

 

しかし、ビジネスシーンでの「恐縮」は、主に“感謝”と“謝罪”という意味で使われており、“ありがとうございます”や“申し訳ございません”と同じニュアンスで使われます。

恐縮の言い換え・類義語

「恐縮」を感謝の意味で使う場合は、“ありがとうございます”や、“恐れ入ります”などが挙げられます。

謝罪の意味で使う場合には、“申し訳ございません”や、“恐れ入ります”などが挙げられます。

 

“恐れ入ります”は感謝と謝罪、どちらの意味でも言い換えられる言葉です。

恐縮の使い方の例文

  • お忙しい中、お時間を割いて頂き大変恐縮です。
  • ご迷惑をおかけして、ただただ恐縮するばかりです。
  • この度は、名誉な賞をいただき、大変恐縮です。

 

“感謝”と“謝罪”どちらの意味にも使えるため、様々な場面で使われる言葉ですね。