スポンサーリンク

憧憬とは|意味と使い方を例文で紹介!類義語(同意語)は?

スポンサーリンク

とても綺麗な響きの憧憬という言葉。

文学作品や詩の中で用いられていることも多くあります。

 

普段会話の中で登場することの少ない憧憬という言葉の、読み方と意味や使い方を紹介します。

憧憬とは?意味をわかりやすく解説

「憧憬(しょうけい。または、どうけい)」とは、「あこがれること・そのものに強く引きつけられること」の意味。

「あこがれる気持ちそのもの」表す場合もあります。

 

「(そのものが)魅力的だから手に入れたい」という感覚より、「(そのものを)心の中で賞賛していて、常に魅了されている」といった状態です。

憧憬の類義語

憧憬の類義語は、「あこがれ」です。

憧憬の言葉の意味でもありますが、「あこがれる」という言葉もあるため、類義語といえます。

 

この二つの言葉の違いとは、「憧憬」は文章上で使用されることが一般的で、「あこがれ」は話し言葉として、会話の中で登場することが多くあります。

憧憬の使い方の例文

  • 異国の地を憧憬する気持ちが溢れだす。
  • 憧憬の的の彼女を想うと夜も眠るれない。

 

言葉の響きもよく、少し古風な言い方のため、文学的文章の中で使用される場合も多くあります。