スポンサーリンク

気概とは|意味と使い方の例文!類義語・同義語は?

スポンサーリンク

やる気に満ち溢れている人に対して、気概という言葉が使われていることを見聞きしたことはありませんか。

 

気概の意味を、同義語や対義語と共にわかりやすく解説します。

気概とは|意味をわかりやすく解説

「気概(きがい)」とは、「困難にくじけないで、乗り越えていこうとする強い意志や気性のこと」という意味。

「概(おおむね、あらまし)」は「斗掻き(とかき:枡の中の米の表面をならす時に使用する棒)」を表す漢字です。

 

その斗掻きから、「概」は「全体をならして凹凸がなく一定にすること」を意味し、「気概」は「決心が変わらない強い気持ち」となりました。

気概の同義語

気概の同義語は「反骨」「根性」「熱意」「決意」「肝っ玉」「不屈の精神」などが挙げられます。

どれも逆境に負けない精神、強い意志を表します。

気概の対義語

気概の対義語は「無気力」「無頓着」「倦怠」「脱力」などが挙げられます。

どれも意欲や気力がないことを表します。

気概の使い方の例文

  • 「大学に絶対合格する」という気概を持って試験勉強をする。
  • 彼は人に流されやすく、気概がないように感じる。

 

人生であらゆる壁にぶつかってしまっても、気概を持って生きていれば困難を乗り越えやすくなることでしょう。