スポンサーリンク

ベネフィットとは|意味と反対の対義語は?使い方を例文で

スポンサーリンク

商品やサービスを提供する際に、ベネフィットを伝えることがとても大切になってきます。

ベネフィットを理解すれば、セールス力が抜群に増すことに間違いないでしょう。

 

ベネフィットの意味と対義語、さらに使い方から例文までご紹介します。

ベネフィットとは?意味をわかりやすく解説

「ベネフィット」とは、簡単に言うと「利益」「恩恵」などの意味。

ビジネスマーケティングの世界では、「顧客にとって、商品から得ることができる良い効果、価値」のことを表します。

 

例えば、車を販売する時に「多機能の良い車」と説明するだけではなく、「その良い車で得られる効果(家族が喜ぶなど)」を伝えた方が他社との差別化ができます。

競合品がひしめき合う時代、こういったベネフィットを理解しながら販売することが大事です。

ベネフィットの反対の対義語は?

ベネフィットの対義語は、「ロス(loss)」や「ダメージ(damege)」などが挙げられます。

効果を得るどころか、その機会を「損失」する場合などに用いられます。

ベネフィットの使い方の例文

  • この商品のベネフィットを顧客にどう伝えるかが課題である。
  • サービスのベネフィットを向上させて、企業間の競争を勝ち抜いていこう。

 

ベネフィットをきちんと考えることは、ビジネスマーケティングにおいて必要不可欠なことなのです。