スポンサーリンク

不条理とは|意味を簡単に解説!使い方を例文で紹介

スポンサーリンク

あなたは「不条理」に直面したことはあるでしょうか。

なんとなく意味は理解していても、どのようなケースで使用するか困惑する時があるかもしれません。

 

不条理という言葉の意味を、例文を交えてわかりやすく解説します。

不条理とは|意味をわかりやすく簡単に解説

「不条理(ふじょうり)」とは「物事の筋が通らないこと。道理に合っていないこと。」を表します。

正しい筋道に合わなくて、自分ではどうしようもできない状況の時に使用します。

 

例えば、生まれた国によって差別を受ける風潮がある、など、「不条理な世の中」という風に用いられたりします。

不条理の使い方の例文

  • 不条理なことが人生には多くて、悲観せずにはいられない。
  • 自然災害で多くの人が犠牲になり、その不条理な運命に心が痛む。
  • 不条理な話が通ることは決して許されないことだ。

似た言葉(類義語)に「理不尽(りふじん)」がありますが、ほぼ意味は同じです。

理不尽の方が、「(あえて人が)道理の合わないことをする」という意図的な意味合いを含んでいます。