スポンサーリンク

おこがましいとは|ビジネスでの意味と使い方の例文!類義語を紹介!

スポンサーリンク

会話の途中などで、一言断りを入れたいときに使う「おこがましい」という言葉はどんな意味なのでしょうか?

 

おこがましいの類義語や例文をもとに意味をわかりやすく紹介します。

おこがましいとは|意味をわかりやく紹介

漢字で書くと「痴・烏滸(おこ)」+「がましい」となります。

「痴」は「愚かな」、「烏滸」は「カラスが水辺に集まって騒いでいる」様子から、「身の程をわきまえない、差し出がましい、生意気だ」という意味。

 

ただし多くの場合、自分の行為や発言に対して用いられます。

ビジネスでもおこがましいは使える?

「おこがましい」には、自分がへりくだって相手を敬う「謙譲」の意味があります。

意見を述べるときなど、前置きとして使うことで謙虚な姿勢や丁寧な対応が相手に伝わります。

ビジネスシーンでもよく使うことができると言えます。

 

その他、依頼したり自己アピールしたりするときにも使えます。

おこがましいの類義語

  • 差し出がましい:出しゃばること、おせっかい
  • 僭越(せんえつ):自分の地位や立場を越えて出過ぎたことをすること
  • 厚かましい:行動や態度に慎みがなく、図々しくて遠慮がないこと

おこがましいの使い方の例文

  • おこがましいお願いで恐縮ですが…
  • 先日はおこがましいお願いをしてしまい、申し訳ございませんでした。ありがとうございました。
  • おこがましいようですが、こちらのデータには誤りがあるように思われます。

 

いかがでしたか?

このようにビジネスシーンなどで、コミュニケーションを円滑にするワードとして使ってほしいですね。