スポンサーリンク

本懐とは|読み方と意味・類義語を紹介!使い方の例文!

スポンサーリンク

普段あまり聞きなれない言葉のひとつ「本懐」は、どんな意味で使われる言葉なのでしょうか。

 

「本懐」の読み方や意味、類義語、使い方の例文を紹介します。

本懐とは|読み方と意味を紹介!

「本懐」の読み方は「ほんかい」です。

「本懐」には、“心からの望み”だったり“本来の願い”という意味があります。

 

上記の意味から、具体的に“目標を達成する”だったり、“願いを叶える”、“成功する”というニュアンスで使われます。

本懐の類義語

「本懐」の類義語には、以下のようなものがあります。

  • 本望
  • 念願
  • 悲願
  • 待望

「本懐」と同じ“心からの望んでいた”というニュアンスの言葉が挙げられます。

本懐の使い方の例文!

  • 自国を守るために戦い、命尽きることは、本懐です。
  • 本懐のためなら、どんな困難でも乗り越えてみせます。
  • ずっと待ち望んでいた、本懐がついに叶いました。

 

類義語の「本望」という言葉に置き換えて使うことができるので、普段の会話で使う場合には「本懐」よりも、「本望」という言葉で使われる場合が多いです。