スポンサーリンク

reference(リファレンス)とは英語|ビジネスの意味と使い方の例文

スポンサーリンク

referenceは、様々な場面で意味合いが異なってくる言葉です。

 

ビジネスシーンで使用する場合のreferenceの意味をわかりやすく解説します。

reference(リファレンス)とは英語?意味をわかりやすく解説

「reference(リファレンス)」とは英語で「参照」「参考文献」「関係」「言及」「身元保証人」など複数の意味を持ちます。

ビジネスでのreference(リファレンス)の意味

ビジネスでの会話の中で、「ご参考までに」「伝えておきますが」という意味で使用する時は「for your reference」の形で表します。

また、referenceは「信用照会」の意味として用いられることもあります。

 

企業が社員を採用しようとした時に、求職者の人物調査を行うことを指します。

以前の雇用主から求職者の人物像や職務経歴書の確認など情報を得るということです。

reference(リファレンス)の使い方の例文

  • For your reference, I attached the document to this email.(ご参考までに、メールに資料を添付しました。)
  • 企業からreference check(リファレンスチェック)がある旨の説明を受けた。

 

リファレンスチェックが行われるのは、主に外資系企業で、管理職以上の人を採用する時などです。