スポンサーリンク

天地無用とは|意味と使い方を例文で紹介

スポンサーリンク

宅配便の荷物に「天地無用」のシールが貼られているのを見たことはありませんか?

実は間違った意味で解釈している人も多いので、宅配業界では悩みの一つになっています。

 

天地無用の正しい意味と使い方をわかりやすく解説します。

天地無用とは?意味をわかりやすく解説

「天地無用(てんちむよう)」とは、「破損の恐れがあるため、荷物の上下を逆にすることをしてはいけない」の意味。

「天地」は「上下」のこと、「無用」は「禁止」の意味を指します。

 

ただし、「無用」は「不要」の意味もあるため、「上下逆さまを気にする必要はない」と捉えてしまう人もいます。

シールが貼られている方を上にして、ひっくり返すことは禁止です。

天地無用の使い方の例文

  • 集荷の際、天地無用のものがないか調べてください。
  • 割れ物を梱包したので、天地無用のシールを貼って出荷した。
  • 天地無用と書かれた箱をひっくり返してしまったせいで中の品物が壊れた。

 

意味を間違えて捉えて逆の行動をしてしまうと、大変なことになるので注意が必要です。