スポンサーリンク

actuallyとは英語?発音と意味を紹介!使い方の例文!

スポンサーリンク

ネイティブな英語でよく使われるのが「actually」という単語です。

「actually」とは一体どのような意味で使われるのでしょうか。

 

「actually」の発音や意味、使い方の例文をご紹介します。

actuallyとは英語?発音と意味を紹介!

「actually」は冒頭で述べた通り英語で、「アクチュアリィ」と発音します。

 

「actually」の本来の意味には、以下のようなものがあります。

  • 実は
  • 現に
  • 実際は
  • 本当に
  • なんと

 

「actually」の中で代表的なのは、実は○○なんだよね、といった“実は”の意味です。

この他にも、“(○○と思っていたけど)実際は〜だった”という、“意外”というニュアンスで使われたり、“本当に○○だ!”と強調するニュアンスでも使われます。

actuallyの使い方の例文!

  • Maki looks man, but actually Maki is woman.(マキは男性に見えますが、実は女性です。)
  • This movie was actually not so fun.(この映画は意外と面白くありませんでした。)
  • I actually saw ghost.(私は本当に幽霊を見ました!)

 

初めて語学留学で英語圏内に行かれた方が驚かれるほど、「actually」は、ネイティブ英語で日常的によく使われる単語です。