スポンサーリンク

フレキシブルとは|仕事や吹奏楽で使う意味も紹介!反対語は何?

スポンサーリンク

近年注目され始めているのが、「フレキシブルワークスタイル」という働き方。

この「フレキシブル」とはどういった意味の言葉なのでしょうか。

 

仕事や吹奏楽の専門用語としての意味も一緒にご紹介します。

フレキシブルとは|仕事や吹奏楽で使う意味も紹介!

「フレキシブル」は英語で、「flexible」と表記します。

 

「flexible」という単語の本来の意味は、以下の通りです。

  • 柔軟
  • 融通のきく
  • 適応力のある

 

日本で使われる「フレキシブル」も、上記のように“柔軟”というニュアンスで使われます。

冒頭に挙げた仕事用語の「フレキシブルワークスタイル」は、仕事を行う場所や時間の制限を受けない働き方のことです。

 

また、よく聞く言葉で「フレックスタイム」という言葉がありますが、これは「flexible」の元の単語「flex」から名付けられています。

「フレックスタイム」は総労働時間のみが決められており、どの時間に出勤・退勤をするかは従業員に任せるという制度の事です。

 

次に、吹奏楽の専門用語として使われる「フレキシブル編成」は、本来の意味である“柔軟性のある”というニュアンスで使われます。

楽譜上で演奏する楽器が指定されていないため、演奏者が自由に解釈し、演奏できるのが特徴の楽譜のことです。

フレキシブルの反対語

「フレキシブル」の反対語に明確なものはありません。

そのため、柔軟の対義語である「強硬」が反対語として挙げられます。

 

「フレキシブル」は基本的な意味を元に、様々な場面で使われています。