スポンサーリンク

Let it beとは|和訳の意味はありのまま?使い方を例文で紹介

スポンサーリンク

ビートルズの曲名で有名な『Let it be』という一言 聞いたことはあるけど意味までは分からないなんてことがよくありますよね。

 

今回は『Let it be』の和訳と意味を解説し、例文で使い方を紹介します。

Let it be|意味は和訳で『ありのまま』?

まずは単語それぞれの意味を紹介します。

Letの意味は『させる』です。

『させる』といっても命令ではなく 望むならそうさせる、行動を許すというようなニュアンスがあります。

 

itの意味は『それ』 状況を示す単語です。

 

beの意味は『ある、いる、存在する、その状態のままにする』 周囲の存在や状態表す単語です。

 

これらを踏まえてLet it beを直訳すると 『それを在るままにしておく』となります。

分かりやすくいうと、 『放っておけ』や『構わないでくれ』など心配するなという意味を含んだ、 『成り行きにまかせろ』『そういうことにしておこう』という相手にさとすような意味になります。

Let it beの使い方を例文で紹介

  • Let it be my fault .( 意味 :私の失敗ということにしておきなさい。 )
  • Let it be a lesson to you. (意味 :それをあなたの教訓としましょう。)

これらの文からbeの後に続く周囲の状況を相手に対して諭す内容だと分かります。

こういうように相手になにかをさとしたい時に『Let it be』はとても使いやすい文です ので是非使ってみてください。