スポンサーリンク

ナンセンスとは英語?意味を勘違いしている!使い方の例文

スポンサーリンク

誰かと会話中に「ナンセンス!」と言ったことはありますか?

相手の言ったことに対して「おかしいよ」と否定的な感情が含まれている言葉ですが・・・・。

 

意味を勘違いして使っているかもしれません。

 

ナンセンスの意味を解説し、例文で使い方を紹介します。

ナンセンスとは英語?意味を勘違いしている!

「ナンセンス(nonsense)」は英語で、「non(否定)」+「sense(*)」でできています。

英語では(*)には、「意味や価値」が入り、「意味のない」「くだらない」「ばかばかしい」という意味になります。

 

ただ、日本では一般的に(*)には「感性や美意識」が入り、「感性がない」と訳すと誤解している人が多いです。

ナンセンスの使い方の例文

  • 議論は深まらず、会議はナンセンスなものになってしまった。
  • TVでナンセンスギャグを観て家族で大うけした。

 

注意してほしいことがあります。

職場などで使う場合は、慎重にして使わない方がよいでしょう。

 

理由は、誰でも言われていい気はしない言葉だからです。