スポンサーリンク

supとはスラング英語?意味を医療や数学でも紹介!

スポンサーリンク

外国人とのチャットや、メールなどで「sup」と使われているのを見かけますが、一体どういった意味の言葉なのでしょうか。

 

実は、他にも医療や数字の場面でも使われています。

「sup」の意味を、それぞれの場面別に詳しく紹介します。

supとはスラング英語?意味を医療や数学でも紹介!

「sup」は英語の単語のひとつなのですが、「sup」の本来の意味には“少しずつ、ちびちび食べる”という意味があります。

しかし、冒頭に挙げた外国人とのチャットなどで使われる「sup」はスラング語のため、先ほどの「sup」とは別の意味で使われています。

 

スラング語の場合の「sup」は、ネイティブの間でよく使われる「what’s up」を略した言葉です。

“調子はどう?”という挨拶の意味で使われています。

 

医療の場合の「sup」は「suppository」を略した言葉です。

「suppository」には“座薬”という意味があります。

 

数学の場合の「sup」は「supremum」を略した言葉です。

「supremum」には“上限”という意味があります。

 

逆に“下限”という意味で使われているのが、「infimum」を略した言葉の「inf」です。

 

同じ「sup」でも、使う場面によっては本来の意味とは全く異なった意味になります。

スラング用語の「sup」は、ビジネスシーンには不向きですのでご注意ください。