スポンサーリンク

クリエイティブとは|意味と使い方を例文で!仕事例を紹介

スポンサーリンク

クリエイティブという言葉は広告業界などでよく使われますが、一体どのような意味なのでしょうか。

 

クリエイティブという言葉の意味と使い方を、仕事例を含めて解説します。

クリエイティブとは?意味をわかりやすく解説

「クリエイティブ(英語:creative)」とは「創造的、独創的」という意味。

他にはない新しいものを作り出したり、独自の視点でもの作りをしたりするさまのことです。

 

また、クリエイティブは、create(創造する)とive(〜の性質を持つ)を組み合わせた形容詞です。

 

しかし、広告業界では広告素材を、インターネット広告ではバナー広告に使われる画像を指したりと、名詞で使用する場合もあります。

クリエイティブな仕事の例

クリエイティブな仕事とは、自分で創作活動を自由にする仕事が挙げられます。

 

例えば、WEBデザイナー、グラフィックデザイナー、ゲームクリエイターなど。

自分の価値観を破り、細かい部分までこだわりを持って創作していく仕事です。

クリエイティブの使い方の例文

  • クリエイティブな仕事で活躍している人に憧れる。
  • クリエイティブなアイディアが浮かんだら行動せずにはいられない。

クリエイティブという言葉は社名にも使用されることの多い言葉です。

意味を理解したら、何を目指しているのかイメージしやすくなりますね。