スポンサーリンク

査収とは|意味と読み方!言い換えの類義語は?使い方!

スポンサーリンク

査収は会話ではあまり聞かない言葉ですが、ビジネスシーンで上司や取引先へ何かを提出したり、メールやFAXなどを送付する際に使われています。

 

査収の類義語や使い方とともに意味をわかりやすく解説します。

査収とは|意味をわかりやすく紹介

「査収」読み方:サシュウ

「査収」とは「よく調べてから受け取ること」

使い方は、丁寧語「ご」を付けて「ご査収」が一般的。

 

この場合「内容をよく確認してお受け取りください」となる。

ただ、「ご査証(サショウ)」(相手に書類上のミスを指摘する場合)とよく間違えるので注意。

査収の類義語(言い換え)

「ご検収」は「納品されたものが注文通りかをよく確かめた上で受け取ること」

「ご確認」だけでは受け取る意味はないため「ご確認の上、お納めください」とする。

査収の使い方の例文

  • 企画書を添付いたしましたので、ご査収くださいますようお願い申し上げます。
  • 契約書を同封しておりますので、ご査収の程宜しくお願い致します。

 

いかがでしたか?

手紙やメールなど文章面での連絡手段では、コミュニケーション上のトラブルが起きやすいですが、「ご査収」の言葉が入るだけで文章面のトラブルを防げます。

意味や使い方を理解し正しく使っていってくださいね。