スポンサーリンク

考慮とは|意味と使い方の例文!同義語・類義語も紹介!

スポンサーリンク

「その点を考慮して」など、ビジネスシーンでもよく使われます。

考慮の意味や使い方を紹介します。

考慮とは|意味をわかりやすく紹介!

「考慮」は「こうりょ」と読み、漢字から分かるように“よく考えてみること”という意味があります。

 

冒頭に挙げたビジネスシーンで使われる場合では、何かを判断する際に、“様々な要素を含めた上で考える”という意味で使われます。

考慮の同義語・類義語の紹介!

「考慮」の同義語はと類義語をみていきましょう。

 

「考慮」の同義語には、

  • 熟考
  • 思慮

など、よく考えると言ったニュアンスの言葉が挙げられます。

 

そして、「考慮」類義語には

  • 検討
  • 配慮
  • 思量

などが挙げられます。

 

同義語と類義語はどちらも同じような意味を持つ言葉として一緒なのですが、
明確な違いについては、言葉の代替えが利くかどうかです。

同義語は言葉の代替えが利かないので「考慮」代わりに使うことはできません。

類義語は言葉の代替えが利くので「考慮」の代わりに使うことができます。

考慮の使い方の例文

  • 結婚式の席次表は、関係を考慮し決める。
  • 研究結果を考慮し、採用を取りやめた。

 

ビジネスシーンで使う考慮。

プライベートで使うと、他人行儀になりがちなので控えていた方が良いでしょう。