スポンサーリンク

忍びないとは、申しわけない?意味と使い方の例文|類語も紹介

スポンサーリンク

「このようなことをお願いをするのは忍びないのですが…」とお願いされたことはありますか?

「申し訳ないのですが…」というのもありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

 

忍びないの類語や例文とともに意味を分かりやすく紹介します。

忍びないとは|意味を分かりやすく紹介

「忍びない」とは、自分がその状況に「我慢できない」「耐えられない」という意味になります。

ビジネスシーンでもよく使われますが、「忍びない」を使う時は軽いお願いではなくて、少々面倒だったり手を煩わせたりするような時です。

忍びないの類語は申し訳ない?

「申し訳ない」とは、ある事柄に対してはっきりと「謝罪」を表す言葉となります。

「忍びない」の類語としては、「恐縮ですが」「恐れ入りますが」「甚だ心苦しいのですが」などです。

忍びないの使い方の例文

  • このようなお願いをするのは忍びないのですが、ご協力いただけないでしょうか?
  • 子供のころから住んでいる家には思い出があるので、売ってしまうには忍びない。

 

いかがでしたか?

似たような言葉でも意味が異なると受け手は誤解してしまうので、きちんと使い分けをしていく必要がありそうですね。