スポンサーリンク

準拠とは|意味と使い方の例文!類義語と対義語

スポンサーリンク

ビジネスシーンなどでよく使用される準拠という言葉。

難しい印象で、きちんと意味を理解していない人も多いかもしれません。

 

準拠という言葉の意味を、類義語と対義語も含めて解説します。

準拠とは|意味をわかりやすく解説

「準拠(じゅんきょ)」とは「あるものを拠り所にして従うこと」。

「準」は「のっとる」、「拠(り所)」は「頼りとなるもの」「支えてくれるもの」という意味を持ちます。

 

つまり、「あるものを頼りにしてのっとる(従う)」という意味合いです。

「規格に準拠している」となれば、「規格を頼りにして、のっとり従っている」ということになります。

注意しなければいけないことは、完全にのっとったものを準拠とし、「参考」にしただけでは準拠とならないことです。

準拠の類義語

「依拠(いきょ・あるものに基づくこと)」「適合(てきごう・ある条件にぴったり当てはまること)」など。

準拠の対義語

「非準拠(ひじゅんきょ・準拠にならない。それ以外になる)」など。

準拠の使い方の例文

  • 仕様書に準拠し、作業を始めた
  • 準拠する為の規則を考案し、社員へ提示した

 

準拠はビジネスシーンでも使われることが多くありますので、覚えていて損はありません。