スポンサーリンク

精査とは|意味と使い方の例文!言い換えの類義語は何?

スポンサーリンク

ビジネスシーンで「このデータを精査してください。」と言われたら、あなたならどうしますか?

現場では似たような言葉がいろいろあるので、実際迷いますよね。

 

「精査」の使い方や類義語とともに意味をわかりやすく紹介します。

精査とは|意味をわかりやすく紹介

「精査(せいさ)」とは、「完成したものが正しいかどうか、詳しく調べて確認すること」です。

 

ビジネスシーンでの使い方いくつかあり、

 依頼の場合、「資料を添付しております。ご精査の程、宜しくお願いします。」

 

 質問内容に対してすぐに回答できない場合、

「精査した上で、回答致します。」

 

 後日回答する場合

「精査の結果、1点の誤りがありましたのでご報告いたします。」

 

以上のような使い方をします。

精査の言い換え・類義語は?

言い換え:詳しく調べる

類義語:

  • 調査:ある事情を明らかにするために調べること
  • 検討:問題となる事柄について、いろいろな面からよく調べたうえで、それでいいかどうか考えること
  • 検査:規準にあっているか、異状はないかなどについて、よく注意して調べること

 

いかがでしたか?

 

似たような言葉が多いので迷いそうですが、微妙な違いをしっかり確認しながら使っていきたいものですね。