スポンサーリンク

コラテラルとは|金融や医療で意味と使い方を例文で紹介

スポンサーリンク

コラテラルとは、映画の題名にもなっている言葉ですが、普段はあまり聞き慣れない言葉かもしれません。

 

専門色の強いコラテラルという言葉は、一体どのような意味を持つのでしょうか。

コラテラルとは?金融や医療でも使う意味を紹介

コラテラルは金融業界では「担保」のことを意味します。

担保とは、債務者(債権者に対して一定の返済をすべき義務がある者)がお金を返済しない場合に備えて、あらかじめ債権者に提供されるもののこと。

 

担保には、不動産や株券など、債務者が所有している財産を担保にする物的担保と、契約時に立てた代わりの人が借金を返済する人的担保の2種類あります。

 

アメリカではこの担保のことを通常コラテラルと呼びます。

また、医療業界でのコラテラルは「コラテラルチャネル」という言葉に使用されていて、「側副血行路(そくふくけっこうろ)」のことを意味します。

 

血管が徐々に詰まっていってしまう場合、それを補佐するよう自然に発達していく、別の血流の路のことを表します。

コラテラルの使い方の例文

  • アメリカでは、コラテラルは最も一般的な融資の方法である。
  • CTO病変(慢性的に冠動脈が閉塞している病変)において血流が少なくなると徐々にコラテラルチャネルが発達。

 

コラテラルという言葉は難しいイメージですが、業界では頻繁に用いられる言葉でしょう。