スポンサーリンク

僭越ながらとは|意味と同義語は?使い方の例文を紹介!

スポンサーリンク

「僭越ながら」は、結婚式や飲み会の挨拶で聞いたことがあるのではないでしょうか。

大勢の前で使うことが多い言葉なので、使い方を間違えると恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

「僭越ながら」の正しい意味と同義語、使い方を詳しく説明します。

僭越ながらとは|意味をわかりやすく紹介

「僭越(せんえつ)」は「身分や立場をこえてでしゃばること」を意味します。

 

「僭越ながら」は「本来は身分不相応で、差し出がましいのですが」ということを意味し、謙虚さを表す言葉です。

僭越ながらの同義語

「僭越ながら」の同義語には以下のものがあります。

  • 恐縮ですが
  • 恐れなが
  • 失礼ですが

僭越ながらの使い方の例文

  • 僭越ながら、ご指名ですのでご挨拶を申し上げます。
  • 僭越ではございますが、今回の事案では同意することができません。

 

「僭越ながら」はひと言ことわりを入れて、目上の相手に失礼にならないように自分の意見を聞いてもらう表現です。

自分より目下の相手と話すときに使うと、嫌味になったり、無礼な印象を与えてしまいますのでご注意ください。