スポンサーリンク

親展とは|意味をわかりやすく解説!使い方を例文

スポンサーリンク

封書に「親展」の文字が書かれているのを見たことはありませんか?

郵便物に親展の文字が記載されていたら、大事なお手紙かもしれません。

 

親展の意味と使い方を詳しく解説していきます。

親展とは?意味をわかりやすく解説

「親展」の漢字を見てみると、親(みずから)展(開いて見る)という意味になります。

よって「親展」とは「本人が自ら見る」ということを表します。

 

「届いた郵便物を受取人以外の第三者が誤って開封しないでください」というメッセージなのです。

身体関係、金銭関係、各種保険証書、その他重要書類などに書き添える文字として周知されています。

よく目立つ色(主に赤)で左下に書かれていることが一般的でしょう。

親展の使い方の例文

  • 親展と書かれている封筒は、本人以外開けてはいけません。
  • 大切な書類だから親展と目立つように書き添えよう。

 

特別なオプションではなく、別途料金がかかったりはしません。

大事な書類には親展の文字を書けば安心です。