スポンサーリンク

参照とは|意味と例文!類義語は参考なのか?

スポンサーリンク

先生が「これ参照な」と黒板に「cf.p.35」と書かれても、あまり意識せずに聞き流していた経験はありませんか?

この「cf.」はconfer「《命令形》参照(比較)せよ」の略です。

 

類義語は「参考」でもよいのか、意味や例文をもとに分かりやすく解説します。

参照とは|意味をわかりやすく紹介  

「参照」とは「照らし合わせて参考にすること」

ただ見るのではなく「資料などを見比べて考え理解すること」が目的です。

 

文章や図表など目に見えるものが対象です。

参照と参考の違い|類義語を紹介

では「参考」はどうでしょうか?

「参考」とは「他人の意見や事例をもとに、自分の考えを決める手掛かりにすること」

他の人の考えや考え方など抽象的なものが対象になります。

 

その他の類義語はは「照会(問い合わせて確かめること、情報を確認すること)」があります。

参照の使い方の例文

  • 詳細につきましては添付ファイルをご参照ください。
  • 別紙の資料を参照いただけますと幸いです。

 

ちなみに、

  • 「ご参考になさってください」は、参照する資料がなく紹介のみのとき
  • 「ご覧ください」は、軽く目を通してほしいとき

のような違いがあります。

 

「参照」とは具体的にポイントとなるところを示す、とても大切なところだったんですね。